スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライプニッツのモナド論とその射程 [単行本] 酒井 潔 (著)


この本は、著者のこれまで発表した論文を集めたものです。
ですので、全体的に難しいです。
 私は、第11章の「宮沢賢治のモナドロジー」が興味深かったです。
 いろいろな角度からライプニッツが論じられていますので、
みなさまにも興味がひかれる論考が何かあると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。