スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部派仏教研究 スクーリング

今回が夏のスクーリングの最後でした。

教室は1号館でした。
ここはピカピカで、21世紀型の建築スタイルの建物です。
建物の中への採光や空間を広く見せる工夫などがなされていたり、透明ガラスが多用されていて、本当にピカピカしています。

講義内容は、仏教の戒律についてでした。
仏教が現在まで伝わっているのは、僧団が教えを受け継いできたからです。
その僧団で生活・修行するうえでの規則を律と言います。

特には、比丘尼の僧団について、詳しく説明がありました。
男女平等の流れが、仏教教団にも押し寄せていることが感じられました。

今年の4月に通信課程に入学して、スクーリングを8つほど受講して、ほぼ一区切りになりました。
後は12月にサンスクリット語の講義を、今年は残すのみです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。