スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクーリング(法然の思想)

佛教大学は、仏教全般を研究できる大学ではありますが、法然系の大学なので、
「法然の教え」を学ぶスクーリングが必修となっています。

6月から毎週水曜日の夜に、100分の講義が6回ありました。

土・日の1日半で取れるスクーリングもあるのですが、夜間ばかりのスクーリングもあります。

他学部の人は法然に関心を持っている人も少ないということや、仕事帰りでしんどい時間の講義だということもあり、どちらかというと、法然思想を丁寧に講義をするというよりは、砕けた感じの授業でした。

私自身、このスクーリングや基礎ゼミナールなどで、法然についての話を聞きましたが、一番肝心な念仏と極楽往生ということが、いまいち腑に落ちません。念仏をして極楽に行って、そこで修行をして成仏する。もしかしたら、信じるしかない世界かも知れません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。