スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分で考える勇気 カント哲学入門 御子柴善之

2015/3/20発売の 岩波ジュニア新書です。

私自身、カント哲学に関して、興味を持っていますが、ほとんど原書あるいは翻訳書は読めていません。
職業研究者ではないので、割り切って解説書を読んでいくのもいいのかもしれません。

アンチノミーのところなど、この本を読んでも、
まだ得心が行かないところがありました。

それでも、全体としてコンパクトにまとまっているので、
カントの著作や意義を概観して頭の整理するのに、
すごく役立ちました。

巻末に読書案内もあり、さらに進んで学んでいくことができます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。