スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方中国語辞典 相原 茂 (編集), 荒川 清秀ほか (編集)


 この中日辞典は私が2008年から愛用している辞書です。
 買う前にほかの辞書と見比べて、これに決めました。
 
 この辞書の優れた点は、例文が豊富だということが挙げられます。もう一つは2色刷りだということです。
 単語の日本語訳を見ただけでは、なかなか覚えられません。例文が豊富なので、学習段階の利用には大いに役立つ辞書といえるでしょう。
スポンサーサイト

中国語検定2級徹底攻略―筆記問題完全マスター



私は、2007年から独学で中国語の学習を開始して、今年の4月で7年になります。
今までは、NHKラジオなどを中心に学習してきました。

この本は、全8章あります。
各章の構成は、テキスト→解説→テキスト→解説→試験問題形式となっており、
独習に適した構成になっています。

テキストの難易度は中程度で、その中にわからない表現がちりばめられており、
難しすぎず、易しすぎずというところでしょうか。

ちなみに私の実力は、聴読中国語―HSK(漢語水平考試)大綱準拠 (東進ブックス)
をマスターしたぐらいの語彙力、読解力があります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。